青森県近代文学館
The Museum of Modern Aomori Literature



新収蔵資料展「高木恭造の世界」開催にあたって

  詩人・高木恭造は、1903(明治36)年青森市に生まれました。1931(昭和6)年に出版された方言詩集『まるめろ』は、二十年余の時を経て1953(昭和28)年に 再刊され、本人による情感あふれる朗読とともに全国に知られることとなりました。しかし、高木恭造の文学活動は、方言詩にとどまるものではなく、小説、随筆、 戯曲と多岐にわたっています。本展では高木恭造の文学活動の全体像とその背景を、近年新しく当館蔵となった高木恭造ゆかりの資料とともに紹介します。

 

ちらし裏面       関連イベント

平成26年1月18日(土)〜平成26年3月16日(日)
青森県近代文学館 企画展示室
〒030-0184 青森市荒川字藤戸119-7
入館無料
開館時間/午前9時〜午後5時
  休館日/1月23日(木)、2月27日(木)
主催/青森県近代文学館