注目の作家5 小野 正文
 太宰研究、本県文学の振興に大きな功績

小野正文(おのまさふみ)
1913(大正2)年〜2007(平成19)年

  大正2年1月4日、岩手県久慈市に生まれる。父は北津軽郡三好村(現五所川原市)出身。青森市で小学校を終え、旧制青森中学校に入学。同学年に太宰治の弟礼治がおり、太宰も3年に在籍していた。その後、官立弘前高等学校から東京帝国大学法学部に入学。太宰とは学校の後輩として交際が始まり、9年に太宰、今官一らの同人誌「青い花」創刊に参加するなど、太宰との交友は長く続いた。
  昭和13年3月に大学を卒業、同年9月から県立青森高等女学校兼青森県女子師範学校の教諭となる。県師範学校から戦後は教育庁に勤務、さらに県立図書館長、県立弘前南高校校長、弘前中央高校校長を歴任。のち、弘前大学教養部教授、青森中央短期大学学長を務める。
  この間、昭和21年に文芸誌「青草(せいそう)」に評論「文学の所在と在所の文学」小説「ローラに題す」などを書き、「東奥日報」の文芸時評などでも活躍。タウン誌「北の街」には37年7月の創刊号から「文学のある風景」を連載、続いて202回に及ぶ「北の文脈」を連載していく。
  また、太宰治との関わりから『太宰治をどう読むか』(昭和37年)や『入門太宰治』(昭和41年)を刊行。太宰治論の集大成として『太宰治その風土』(昭和61年)がある。
  昭和48年『北の文脈』を刊行し、平成3年全4巻が完結。青森県の文学者を広く取り上げたこの書は高く評価されている。他に『津軽の文学と風土』(昭和50年)など著書が多く、本県の文学界に大きな功績と足跡を残した。
  昭和58年に地域文化功労者文部大臣表彰、61年に勲四等旭日小綬を受ける。平成10年、本県文学振興に貢献したとして東奥賞特別賞、17年、弘前大学名誉博士号、18年に陸奥新報社賞を授与されている。
  太宰の旧制弘高時代の下宿・旧藤田家の移築・復元に尽力、石坂洋次郎の会、弘前ペンクラブの会長としても活躍した。一戸謙三詩碑など文学碑建立にも数多く携わり、県内の百を超える学校の校歌を手がけたほか、幅広い活動、地域へ文化の振興に意欲的に取り組んだ生涯であった。平成19年9月21日、94歳で死去。

データベース小野正文へ

ロビー展示