青森県近代文学館
The Museum of Modern Aomori Literature



平成23年1月15日(土)〜平成23年3月13日(日)
青森県近代文学館 企画展示室
〒030-0184 青森市荒川字藤戸119-7
入場無料
開館時間/午前9時〜午後5時
休館日/1月27日(木)、2月24日(木)
主催/青森県近代文学館

「新収蔵資料展 蘭繁之の世界」開催にあたって

 蘭繁之は、1920(大正9)年、弘前市和徳町に生まれました。弘前文学会に所属し、「火山脈」「弘前文学」を中心に詩・俳句などを発表する一方で、昭和40年に「緑の笛豆本の会」を創設・主宰し、手作りによる豆本や限定特装本の制作を手がけました。
 その代表的な仕事である「緑の笛豆本」は、39年間にわたり第423集まで刊行が続けられ、文学を中心に多彩なテーマ・著者を揃えた魅力的なシリーズとなって、全国的にその名を知られました。同時に版画家、装丁家として多くの特装本の制作を手がけ、本県の芸術文化に貢献しました。平成12年には青森県芸術文化振興功労章を受賞しています。
 本展では、今回新たに寄贈された蘭繁之の作品および蔵書を中心に、従来の所蔵資料も織り交ぜながら、蘭が生涯にわたって情熱を傾けた豆本・特装本の世界を紹介します。

【ちらし裏面】[PDF]

◇出品資料一覧
◇「緑の笛豆本」一覧

【関連行事のお知らせ】

◇日曜講座
2月6日(日)14:00〜16:00 青森県立図書館研修室
・「蘭繁之作品の魅力」佐々木朋子(青森県近代文学館)
・「製本への誘(いざな)い」棟方維大(青森県立図書館)

◇会場での展示解説
1月16日(日)・23日(日)・30日(日)・2月13日(日)・20日(日)・27日(日)・3月13日(日)
いずれも午後1時半から会場で