このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
アクセス
〒030-0184 青森県青森市荒川藤戸119-7
電話
017-729-4300(カウンター)
017-729-4311(参考郷土室)
017-739-2575(近代文学館)
017-739-4211(事務室)

開館時間

一般閲覧室 9:00~19:00
児童閲覧室 9:00~17:00
近代文学館 9:00~17:00

図書館カレンダー

館名
開館日
休館日
イベント
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
トップ近代文学館> 【青森県近代文学館】青森県近代文学館へようこそ

【青森県近代文学館】青森県近代文学館へようこそ

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

 

<お知らせ>

〇【祝】高橋弘希さんの「送り火」が芥川賞受賞しました!
青森県十和田市生まれの作家である高橋弘希さんが、
「送り火」で、第159回芥川龍之介賞を受賞されました。
高橋さんから、現在開催中の「特別展平成の青森文学」に、
「斜陽館、十三湖、海――。」というタイトルの文章を寄せていただいております。
展示会場でパネルでお読みいただけます。
特別展についてはこちら、館長のコメントはこちらをご覧ください。


〇「特別展平成の青森文学」開催中特別展チラシweb 表面
会期:平成30年7月14日(土曜日)~9月24日(振・月)
時間9:00~17:00(7月14日は10:00から開催)
場所:企画展示室

入場無料


<第2回文学講座>
「平成の青森文学をつぶやく
#ラノベ#マンガ#アニメ#太宰治#寺山修司」

井上諭一氏と世良啓氏出演
要申込・参加無料
詳しくは、こちらをご覧ください。



〇エクステンド常設展示「北畠八穂」開催中
会期:平成30年6月1日(金曜日)~平成30年11月28日(水曜日)エクステンド常設展示ポスター
時間:9:00~17:00
場所:常設展示室

入場無料
 

北畠八穂(きたばたけ・やお)は、青森県が生んだ児童文学作家です。逆境にめげずたくましく生きる子どもたちの姿を、病と闘いながら、みずみずしく描きました。八穂の児童文学作品を展示するとともに、作品に対する八穂の想いをご紹介します。

詳しくは、こちらをご覧ください。



〇平成30年8月イベントH308月イベントちらし

・常設展示解説
平成30年8月12日(日曜日)13:30~14:00
会場:常設展示室
※時間までに会場にお越しください。
参加無料


・特別展「平成の青森文学」第2回文学講座
平成30年8月19日(日曜日)13:00~15:10
会場:青森県総合社会教育センター2F大研修室
※要申込→詳しくは、こちらをご覧ください。
参加無料


・日曜午後の朗読会
三浦哲郎『みちづれ』
平成30年8月26日(日曜日)13:30~14:00
会場:企画展示室前ロビー
※時間までに会場にお越しください。
参加無料

<8月の休館日>
平成30年8月23日(木曜日)

  •  

トップ館全体

青森県近代文学館The Museum of Modern AOMORI Literatureへようこそ

 

豊かな自然に恵まれた青森県は、明治以来多くの個性的な文学者を育んできました。

また、その厳しく美しい風土は、たくさんの文学作品に描かれてきました。
青森県近代文学館は、こうした青森県と文学との関わりを総合的に紹介する目的で、
平成6年3月、県立図書館の2階部分に開設されました。
 

当館では、佐藤紅緑、秋田雨雀、葛西善蔵、福士幸次郎、石坂洋次郎、
北村小松、北畠八穂、高木恭造、太宰治、今官一、三浦哲郎、長部日出雄、寺山修司
青森県を代表する13人の作家たちを中心に、青森県出身作家、青森県ゆかりの作家、
青森を舞台とした作品などをご紹介しています。
入館料は無料です。

開館までの歩みはこちら
外国語のページはこちら(←English・中文・русский・한글)
 

無題1無題2無題3
 
 

展示


青森県近代文学館には、常設展示室と企画展示室の2つの展示室があります。

常設展示室では、青森県を代表する13人の作家を中心に展示しています。常設展示の企画として、
13人の作家から数人取り上げて拡大展示する「エクステンド常設展示」があります。
6月から11月までの前期と11月から6月までの後期で大きく入れ替えて、
普段あまり展示できない貴重な資料を展示したり、
作家・作品の知られざるエピソードをご紹介したりしています。

企画展示室では、年3回の企画展示を行っています。
1回の展示は2か月程度で、作家の自筆資料や遺品などの特別な資料を中心に展示します。
特に、夏の特別展は他館から貴重資料をお借りし、新しい切り口で青森の作家たちをご紹介します。

詳しくは展示のページをご覧下さい。

 

イベント・パネル展・出前講座・見学


当館開催のイベントとして、「日曜午後の朗読会」、「展示解説」、
企画展開催中の「日曜講座」、特別展開催中の「文学講座」、川柳大会などがあります。

学校や文化施設などで当館の展示パネルを使ったパネル展を開催していただけます。
学校や公民館などに当館職員が赴いて、作家や作品に関する出前講座をすることができます。
学校行事や施設の研修など、団体見学の受け入れを行っています。

詳しくはイベント・パネル展・出前講座・見学のページをご覧ください。

 

出版


特別展の「図録」、当館所有の貴重な資料を冊子にした「青森県近代文学館資料集」があります。
また、年に一度、「青森県近代文学館館報」を発行しています。

詳しくは出版のページをご覧ください。

 

ご利用案内


開館時間:午前9時から午後5時まで

休館日:館内整理日(毎月第4木曜日)・蔵書点検期間・年末年始(12月29日~1月3日)
・サービス活動点検検討日(4月1日※土日の場合は直近の月曜日、奇数月第2水曜日)
 

 

アクセス


住所:青森市荒川字藤戸119-7

TEL:017-739-2575(近代文学館直通)

FAX:017-739-8353

e-mail:bgk@plib.pref.aomori.lg.jp

運営方針事業概要資料収集方針資料利用規程・利用要項

 

資料検索


当館所蔵の図書、雑誌の検索ができます。
基本的に館内閲覧のみのご利用となります。

検索はこちらのページからお願いいたします。

 

青森県近代文学館フェイスブック


青森県近代文学館では、平成29年6月からフェイスブックを始めました。
フォロワーが160人になりました。ありがとうございます。どうぞご覧ください。
 


掲載日 平成28年12月20日 更新日 平成30年7月26日
【アクセス数