トップ > 【青森県近代文学館】資料収集方針

【青森県近代文学館】資料収集方針

 

青森県近代文学館は、次の方針により、資料を収集する。
                                                   

基本方針

1 佐藤紅緑、秋田雨雀、葛西善蔵、福士幸次郎、石坂洋次郎、北村小松、北畠八穂、高木恭造、太宰治、今官一、寺山修司、三浦哲郎、長部日出雄の青森県を代表する13人の作家、及び明治時代以降の本県出身作家、ゆかりの作家に関したもの。
(1)作品が掲載されている図書・雑誌
(2)原稿・書簡・書画・印刷物・視聴覚資料・遺品などの特殊資料
(3)参考・研究文献
※ ゆかりの作家とは、青森県に長期滞在した作家、青森県を舞台とした作品を著した作家、及び青森県人と血縁関係のある作家をいう。
2 近代文学を研究するうえでの基本的な図書・雑誌
(1)文学辞典、文学年表、文芸年鑑、文芸雑誌総目次・執筆者総索引、各種文庫目録、地図等
(2)文芸雑誌、文学研究雑誌、復刻雑誌等

収集の方法

1 寄贈、寄託による収集
(1)県内出版物や現在活躍中の文学者の出版物は、発行者などに寄贈を呼びかける。
(2)収集対象資料の所在情報の収集に努め、所蔵者に寄贈・寄託を呼びかける。
2 購入による収集
(1)既刊の図書・雑誌や参考・研究文献、特殊資料については、古書目録などにより情報を収集し、購入に努める。
(2)高額の特殊資料は、13人の作家の資料を中心とする。
(3)図書・雑誌は、近代文学を研究するうえでの基本的な図書・雑誌を除き、古書、新刊にかかわらず、展示・保存のため複数冊購入する。また、図書については、単行本、文庫本の別なく、初版本、再版本も購入する。
3 複製品による収集
他の文学館や一般所蔵者の特殊資料などで、寄贈を受けられない資料は複製品の制作に努める。

 

掲載日 平成28年10月23日 更新日 平成29年12月14日